PROFESSIONAL

Tokyo 新人デザイナーファッション大賞プロ部門

自身のブランドビジネスを行っている若手デザイナーに向けたファッションアワード。 世界のファッション都市・TOKYOをベースに活躍する若手デザイナーの国内ビジネス支援と、海外進出を積極的にサポート。入賞者は、最長3年間のさまざまなビジネス支援が受けられる “CREATORS TOKYO”のメンバーとなります。

DOWNLOAD

応募要項をダウンロードできます
download the Application Guidelines

ビジネス支援内容

入賞者はCREATORS TOKYOのメンバーとして、
下記のようなビジネス支援を受けることができます。

支援内容 1.販路開拓
  合同展・個展・ショールームへの出展(海外含む)
  ショー・インスタレーションの開催(海外含む)
  小売業への営業支援

2.企画
  商品企画ディレクション
  産地コラボレーション
  コラボレーション企画の斡旋

3.広報
  広報宣伝活動の支援
  ブランド発信拠点の提供(個展・情報発信の拠点をトータルに提供)

4.セミナー・相談
  各種セミナーの提供
  商標登録・経営・法律・輸出に関する相談

  ※4月~翌年3月を1年とし最長3年間。成果等により毎年更新。
  初年度は審査終了直後から支援開始。

応募要項

募集人数 10名程度 ※支援終了後の再応募は出来ません
応募資格 以下の全ての条件を満たすファッションデザイナー。
※グループの場合は代表者を1名決めていただきます。

1.ウィメンズウェアまたはメンズウェアのデザイン活動をしていること
2.東京をビジネスの活動拠点として、自身のブランドを継続的に企画・販売し、資本や経営の異なる企業や個人の管理下(※)にいないこと
※企業や個人から出資や経費等の支援を受けていたり、企業や個人と雇用契約を締結しており、実質的に他者の影響を受けている状態を指します。最終的には審査の中で事務局が判断します。
3.ブランド開設から7年以内、下代売上1,000万~7,000万円程度
応募期間 2018年4月2日(月)〜 5月18日(金)※最終日は17:00必着
審査基準 創造力と独創性、事業の発展性
審    査 2018年6月14日(木)東京・渋谷の文化ファッションインキュベーションにてプレゼンテーションを行います。

応募方法

下記提出物を募集期間内にお送りください。

1.応募用紙

以下の応募用紙に必要事項を記入し、2018AWシーズンのラインシートと共に提出。

2.ポートフォリオ

ポートフォリオとはブランドや事業の方向性・ブランドの特色・活動実績などをまとめたものです。
応募資料は返却いたしません。

送付先

〒151-8521東京都渋谷区代々木3-22-1 文化学園 F館3階
Tokyo新人デザイナーファッション大賞事務局
「2018 Tokyo新人デザイナーファッション大賞 プロ部門」応募係
TEL:03-3299-2492

応募から結果発表までの流れ

STEP1 

ポートフォリオの送付

応募用紙、2018AWシーズンのラインシート、ポートフォリオを事務局までお送りください。
締切:5月18日(金)17:00必着

STEP2 

面談

事務局との面談による予備審査を行います。条件を満たした方のみプレゼンテーション審査に進みます。

STEP3 

審査・結果発表

会場にブランドごとのブースを作りますので、分かりやすく商品を展示してください。
ポートフォリオと作品を使用して、各ブースを巡回する審査員にデザイナー自身がプレゼンテーションをします。
審査結果はご本人に連絡するほか、当WEBサイトにて発表します。また、入賞者から選抜されたブランドは10月、Amazon Fashion Week TOKYO関連イベントとしてジョイントショーに参加していただきます。


  • 審査会場の様子。ブランドごとにブースを構え、プレゼンテーションを行います。


  • 渋谷ヒカリエでのジョイントショーの様子から。東京都知事賞の表彰式もあります。

入賞後

CREATORS TOKYO所属ブランドになり、ビジネス支援が受けられます。

審査終了直後から開始し、成果等により最長3年間、支援を行います。

審査員

  • 田山淳朗

    A.T ATSURO TAYAMA デザイナー

  • 二村 仁

    株式会社 オンワード グローバルファッション
    代表取締役社長

  • 岡田正美

    株式会社 ニレ・アップス
    取締役副社長

  • 寺澤真理

    株式会社 三越伊勢丹
    婦人第一商品部
    バイヤー

  • 篠原航平

    中小企業診断士

  • 向 千鶴

    WWDジャパン 編集長

  • 小湊千恵美

    FASHIONSNAP 報道部部長

トップへ