NEWS

2018年度プロ部門支援デザイナー決定!!

6

繊維ファッション産学協議会(理事長:廣内 武 一般社団法人日本アパレル・ファッション産学協会理事長、副理事長:大沼 淳 一般財団法人日本ファッション教育振興協会理事長)は本日、東京都渋谷区の文化ファッションインキュベーションにて、「2018年度Tokyo新人デザイナーファッション大賞プロ部門」の審査を行い、今年度からビジネス支援を行なうファッションデザイナー10組を決定。また、審査で最高得点を獲得したBALMUNG(バルムング)Hachiさんが東京都知事賞を受賞しました。

審査には4月1日から5月18日までに応募のあった32組のうち、応募基準を満たした20組のファッションデザイナーが参加し、自身の商品や事業を7名の審査員にプレゼンテーションしました。

 創造力と独創性、事業の発展性を基準に選出された10組のデザイナーに対し、今年度より最長3年間(意欲・成果により毎年更新)のビジネス支援が与えられます。

世界の舞台で活躍が期待できるデザイナーを育成するこのプロ部門は、今年で8年目を迎え、過去71名のデザイナーを支援してきました。今年度は2016年、2017年、2018年の入賞者の計31ブランドを支援します。

入賞デザイナー/ブランド 10組

Hachi(ハチ) BALMUNG(バルムング) …東京都知事賞
飯尾 開毅(イイオ カイキ) kaiki(カイキ)
加藤 弘大(カトウ コウタ) Licht Bestreben(リヒト ベシュトレーベン)
小塚 信哉(コヅカ シンヤ)& 梶浦 慎平(カジウラ シンペイ) SHINYA KOZUKA(シンヤ コヅカ)
猿橋 歩美(サルハシ アユミ) l’A.S(ラス)
中園 わたる(ナカゾノ ワタル) CHONO(チョノ)
長野 剛織(ナガノ タカノリ) SEVESKIG(セヴシグ)
東 研伍(ヒガシ ケンゴ) Azuma.(アズマ)
山崎 祐介(ヤマザキ ユウスケ) rikolekt(リコレクト)
横澤 琴葉(ヨコザワ コトハ) kotohayokozawa(コトハヨコザワ)

審査員(敬称略)
田山 淳朗 Atsuro Tayama A.T ATSURO TAYAMAデザイナー
二村 仁 Jin Futamura  ㈱オンワードグローバルファッション代表取締役社長
岡田 正美 Masami Okada  ㈱ニレ・アップス取締役副社長
向 千鶴Chizuru Muko  WWDジャパン編集長
小湊 千恵美Chiemi Kominato  FASHIONSNAP報道部部長
寺澤 真理Mari Terasawa ㈱三越伊勢丹 婦人第一商品部バイヤー
篠原 航平Kohei Shinohara 中小企業診断士

トップへ